協和発酵バイオのオルニチンを効率の良い飲み方と飲むのに最適なタイミングと副作用について

協和発酵バイオのオルニチンの効果を最大限に発揮する飲み方や飲む時間など

 

協和発酵バイオのオルニチンの有効な飲み方とタイミングについて

 

オルニチンの飲み方とタイミングについてですが、通常のサプリメントとは違って、
成分を有効活用できる飲み方が存在します。

 

 

その飲み方とは、成長ホルモンが活発になる時間帯で、この時間に飲むと、
その効果をより有効に利用することが出来るという事です。

 

これは協和発酵バイオのオルニチンの効果により、成長ホルモンの分泌を促す作用を見込んだ物なんですね。

 

しかし、調べてみると、一番多かったご意見は、サプリの吸収率を考えると空腹時の服用が最も良いといいます。

 

あと、成長ホルモンは眠っている間に活動をしているので、就寝前が良いという説もありますが・・・
実は成長ホルモンのタイミングを基準にすると、朝が良いという事になります。

 

もっと厳密にいうと、朝ご飯の30分ぐらい前が良いという事です。
成長ホルモンは確かに眠っている間に活動していますが、血糖値が関係してきます。

 

例でいうと、午後7時ごろ夕食を食べて、それから約2時間ほどかけて、血糖値が上昇してきます。
それから、徐々に下がり始めますが、これには約6時間ほどかかります。

 

詳しくいうと、午後7時にご飯を食べたとすれば、午前1時ぐらいに血糖値が下がるという事です。
この時間帯は殆どの人が眠っていますから、朝ご飯の前に飲むのがベストという事になるわけです。
何故朝食の前かというと、食事をとってしまうと、また血糖値が上がってしまうので、食前が最適という事ですね。

 

協和発酵バイオのオルニチンはサプリですから、基本的にはどの時間に飲んでも大丈夫ですが、
成分を有効に活用したいなら、朝食前という事になります。

 

1日にオルニチンを摂る量はどれぐらい?

 

 

オルニチンとはもともと体内で作られているアミノ酸ですから、摂る量の制限はありません。
しかし目安で言うなら、大体1日400mg〜1000mgぐらいになります。

 

この量をシジミで換算すると、400mgで約シジミ1200個分以上になりますね。

 

シジミには確かにオルニチンが多く含まれていますが、100gあたり10.7〜15.3mgぐらいしか含まれていません。

 

協和発酵バイオのオルニチンの摂取量は1日6粒が最適となっています。
それ以上飲んでも効き目が強くなったりとかはありませんからこの適量を守って飲みましょう。

 

オルニチンに副作用ってあるの?

 

オルニチンの副作用についてですが、シジミなどに含まれていて
昔から食用とされている物ですから、副作用についての心配はありません。

 

それと協和発酵バイオのオルニチンとは、シジミそのもののエキスを使っているわけではなく、
独自の発酵技術でシジミに含まれる「オルニチン」そのものを生成しているサプリメントになっています。

 

ですから、シジミが持っている筈のデメリット・・・例で言えば、鉄分が肝臓に及ぼす影響もないですし、
シジミ自体が割とコレステロールが高い物だったりもしますが、そのようなデメリットになるものは
一切排除していますから、これも安心して飲むことが出来るという事ですね。

 

しかし過剰に飲むことはおススメ出来ませんから、摂取量はきちんと守りましょう。

 

1日10g以上摂取したら、過剰摂取になってしまうので、胃腸などの消化器官に悪影響となり、
腹痛や下痢の原因になったりします。

 

協和発酵バイオのオルニチンの適量は1日6粒ですから、これを守っていれば何の問題もないと思います。

 

あと、他の薬と併用する場合は、通院されている病院などで相談してみてください。

 

それと「お子様が飲んでも大丈夫?」という質問については、問題はないと思いますが、
あくまでも大人用のサプリになっていますから、お子様の服用はおすすめしていません。

 

オルニチンの効果はどうすれば実感できるの?

 

協和発酵バイオのオルニチンについては、上に書いた内容で大体は分かっていただけたと思います。
それなら実際にオルニチンの効果を実感するためには、どういった所が重要になるのかを解説しますね。

 

まずはオルニチンが必要な人々というと

 

  • ちょっと飲んだだけですぐ二日酔いになる人
  • あんまり元気が出ない人
  • 朝の目覚めが良くない人
  • お酒は毎日飲みたい
  • 健康診断などで肝機能の数値が異常と言われた。

 

・・・以上の事が気になる人は、オルニチンを摂取する事を推奨します。
なぜならば、これらの原因がすべて肝臓が関わっているからです。
これらの症状は肝臓の機能が弱っている事により起きています。

 

ちょっと飲んだだけで二日酔いになる人

 

これは年齢を重ねるごとにお酒に弱くなっていく傾向のある人です。
即ち肝機能が低下している事ですから、アルコールを分解する力が弱っています。

 

そのせいで、血液中のアルコールの濃度が上がったままになり、次の日まで持ち越してしまう事で
二日酔いになってしまうわけです。

 

結論から言ってしまいますと、肝機能のアルコール処理能力を上げるには、
オルニチンで後押ししてあげて、肝機能のアルコールの解毒作用を強めていく効果を
上げていくと良いと思います。

 

もし肝臓が元気ならば、肝機能のアルコールを処理してくれる能力を引き上げる事も出来てしまいます。
しかし今は、昔のようにお酒に強くなくなってきないる・・・
すなわちちょっとのお酒でも次の日に響いてくるという事です。
これは血液中のアルコール濃度が上がって、時間の経過とともに血中の濃度も下がってくるのですが、
肝心の下がる時間も結構かかってしまいますから、次の日になってもアルコールが残るという事ですね。

 

絵にかいたような肝機能が低下している状態です。
肝臓の機能は、お酒に含まれるアルコールの毒素であるアセトアルデヒドを解毒してくれますが、
この肝機能が弱まってしまうと、この解毒が不十分になってしまうのです。

 

そこでオルニチンを補給する事で、毒素であるアセトアルデヒドを早急に解毒させ、
アルコールからくる疲労を回復させます。

 

この効果については、実際にお酒に弱い人の男女16人を対象にして実験した結果、
オルニチンを1回摂った事でアルコールからくる疲労に回復が見えたという話です。

 

実験方法は、オルニチン800mgを摂取させ、体重1sに対して10mlのビールを30分の間に飲み、
再びオルニチン800mlを摂取します。その後で、3時間休んで夕ご飯をとり、就寝するという実験内容でした。

 

そうして朝を迎えて、アンケートを行った結果、16人中の13人が疲労を感じていないという、
即ち血中のアルコール濃度が回復しているという実験結果となりました。
無論、同じ実験でプラセボ効果も実施しています。

 

元気が出てこない、最近になって疲れがなかなか回復しない

 

元気が出てこないのは、疲労が蓄積されて動く気力がない状態を言います。
これも、お酒を飲み過ぎたり、ストレスや過剰な労働や運動などが原因なことが多いですが、
代謝や解毒をしてくれる肝臓が、これらを処理しきれなくなっている状態になっていると思われます。

 

肝臓から出る疲労信号が脳に届くと、「疲れた〜」と感じ取り、元気がなくなってきます。
これもオルニチンのサイクル機能を活性化させることにより解決します。

 

オルニチンサイクルは尿素回路ともいい、疲労の原因となっているアンモニアを分解し、
尿酸や尿素に代謝してから腎臓に送られ、無害化してから身体の外へと排出していきます。

 

これを繰り返すことにより、身体そのものをリセットして肝機能を正常にしていくわけです。

 

朝の目覚めが悪い

 

オルニチンの補給で目に見えて実感できるのが、この朝の目覚めが良くなることですね。

 

アンケート調査でも、この目覚めが良くなったと答えた人は、オルニチンを飲んでから、
早くて2,3日で実感できたと答えてる人も多いといいます。

 

これが結果が即座に出る働きをするオルニチンという事です。
そのカラクリはというと、オルニチンというのは、アミノ酸ではありますが、
アミノ酸はアミノ酸でも遊離アミノ酸なので、タンパク質に合成されずに、単独で動いているわけです。

 

ですから、腸で吸収されて、肝臓や腎臓や筋肉などに直行できるわけです。
それから肝臓では、弱った肝機能を回復するためのオルニチンサイクルを補強する効果を発揮します。
この効果が、朝の目覚めをよくする状態にしてくれるわけです。

 

協和発酵バイオのオルニチンの効果まとめ

 

できるならずっとお酒は飲んで居たい、でも健康診断で
肝臓の数値がどえらい事になってる・・・大変な事ですね。

 

速攻でお酒を止めて、肝臓を優しく労わりましょう。
肝機能の数値にもよりますが、まずは協和発酵バイオのオルニチンを試してみてはどうでしょうか?

 

協和発酵バイオのオルニチンとは、シジミに含まれるオルニチンを独自の発酵技術により
作り出したリメイクサプリメントになります。
シジミから直接抽出したエキスをサプリメントにしたものではないのです。

 

ですから肝炎や肝硬変によろしくないという、鉄分は含まれていません。

 

しかし協和発酵バイオのオルニチンは医薬品ではありません。あくまでもサプリメントですから、
サポート的に効果を発揮するものになります。継続して飲むことで効果を発揮しますから、
長く続けて飲むのが大事な事です。

関連記事

シジミ成分サプリだけどシジミは使っていな...
お手軽に肝臓に優しい成分が摂れる協和発酵...
販サイトを使って協和発酵バイオのオルニチ...

トップページに戻る