協和発酵バイオのオルニチンを摂るときに注意しないといけない事

お手軽に肝臓に優しい成分が摂れる協和発酵バイオのオルニチンですが副作用などは大丈夫なのでしょうか?

 

協和発酵バイオのオルニチンについての基本的な情報

 

協和発酵バイオのオルニチンは、二日酔いを回復させたりする、肝臓に良いとされるシジミエキスが配合されています。
このシジミのパワーの元となっているのがオルニチンという事です。

 

ビタミンやミネラルといったお馴染みの栄養素とは違って、あまり聞かない名前の成分ですから、
「オルニチンて何よ?」と思っている人もいるかもしれません。

 

 

オルニチンとは、体内に存在する成分で、タンパク質を結合することなく存在する
遊離アミノ酸の一種の事です。

 

オルニチンには肝臓を安定させる効果があり、体内の解毒をサポートしたりしてくれます。

 

肝臓には摂取した栄養を分解したり、エネルギー源となるグリコーゲンを作り出したり保存したり、
身体に害をなす物質を分解する働きがあります。

 

なので肝機能を正常な状態にしておく事は、身体を健康に保つためにとっても重要です。
肝臓は異常があっても症状がなかなか出てこない臓器ですから、オルニチンを摂る事で
普段から肝臓をいたわってあげることが大事です。

 

 

オルニチンの副作用があるの?どうすればいいの?

 

 

オルニチンをサプリメントで摂るとなると、副作用などが気になりますね。

 

協和発酵バイオのオルニチンには1粒の中にシジミ300個分のオルニチンが含まれていますから、
あまり飲み続けると、オルニチンの過剰摂取にならないかと心配になってきますね。
でもオルニチンは元から体内にあるアミノ酸なので、必要以上はすべからく体外に派出されますから、
副作用の心配はないようですね。

 

基本1日6粒を目安として飲みますが、薬ではありませんから飲む時間は特に決まってはいません。
でも飲み忘れをしないために、同じような時間帯で飲むようにしておけば、それが習慣になりましから、
サプリメントの継続に繋がってくれるでしょう。

 

オルニチンにはどんな効果があるの?

 

二日酔い対策以外にも、オルニチンの効果和いろいろな方面でお役立ちです。

 

例として、朝の目覚めが悪くて、朝早く起きるのが苦手な人や、全体的に疲れやすく、
疲労の溜まり具合が半端ない人などにも、オルニチンはその効果を見せてくれますよ。

 

肝臓はエネルギーを生み出すことにも関わっている臓器ですから、
殻の中のオルニチンを増やしていけば、疲労の原因になっているアンモニアを分解することが活性化して
エネルギーを作り出すことも促進されるわけですね。

 

脳の栄養源ともなるブドウ糖を作り出すのも活性化されますから、身体だけでなく脳の疲れも
回復させてくれることもしてくれるのです。

 

そんなわけでオルニチンを定期的に摂っていく事は、肝機能を健康にしてくれるだけでなく、
身体に溜まった疲労を取り払ってくれる効果も持っています。

 

食品だけで毎日十分な量を賄うのは困難ですから、協和発酵バイオのオルニチンで
手軽だけど確実に成分を摂取していく方が良いでしょう。

関連記事

シジミ成分サプリだけどシジミは使っていな...
お手軽に肝臓に優しい成分が摂れる協和発酵...
販サイトを使って協和発酵バイオのオルニチ...

トップページに戻る